So-net無料ブログ作成

不思議な夢 [雑記]

先週、母の病室が変わりました。

今度の病室は、骨折する前に入っていた病室で、ベッドの場所も一緒。
おしゃべり好きな方が多く、母も楽しそうにおしゃべりしています。

先日、同室のTさんからこんな話を聞きました。



Tさんは1月13日にお風呂で脳梗塞になられたそうで、
そのとき見た夢のお話で、

3階にいたんだけど、黒い服を着た男と女が下にいて、
ここの席があなたの席だから、早く降りておいでと手招き

でも、階段はものすごく細くて、太ってる私は通れない
3階から飛び降りるのも怖い

それなのに、何回も何回も手招きされて

「うるさい、うるさい」って言ってて、目が開いた


で、この方の知り合いのおばあちゃんのお話

やっぱり脳梗塞で倒れて、

きれいな、きれいな花畑を歩いていたけど
自分を呼ぶ声がうるさくて、
ずっときれいな花畑にいたいのに
自分を呼ぶ声がうるさくて、

で、意識がなくなって6日目に病院で目が開いた


もう一人の知り合いも、やっぱり脳梗塞で

お坊さんがいっぱい並んで、お経を上げていたそうで
どうしてこんなにたくさんのお坊さんがいるんだろう

不思議、不思議と思ってるうちに、目が開いた



ふ~~ん、やっぱり、私があの時見た夢は

死神だったのだ★
あの世の花園だったのだ★

と、思ったりしました^^;

特別な夢なんだね・・・



帰って来られて、よかった^^
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

切なくなる・・・ [雑記]

毎日、母の病院にお見舞いに行っています。

18日に元の病院に転院し、今の病室は母より高齢で症状の重い方の病室です。

排泄もオシメという方が二人、トイレには車椅子で行けるけど言語にかなり問題がある方が一人。

母は「臭いし、何を喋っているか解らないし、こんな病室にいたら、気が変になる・・・」と、険しい顔で文句ばかり言うようになりました。

「お母さん、そんな言い方したら、すごく失礼だよ。悪口を大声で言うなんて、私、すごく嫌だ。
なりたくて病気になった訳じゃないし、お母さんはこの程度で済んでよかったと思わなくちゃ」

と、母に静かにお説教したのですが、確かに臭いのです。

「お母さん、昔、おばあちゃんが入院した時、やっぱり部屋でウンチするから、横のおばあちゃんは口がきけなかったけど、鼻をつまんで臭い!臭い!ってジェスチャーしてたよ。お母さんだって、この前、トイレに間に合わなくて、ウンチ出たって言ってたでしょ?
そういうこともあるよ。同室ならしかたないよ。
どこか空いたら、変えてもらえるといいけど、今は我慢しなくちゃ、ね?」

オシメのおばあちゃんの一人は、若い介護士のお兄ちゃんにオシメを換えてもらう時、
「嫌だ、嫌だ。そんなことされるの、本当に嫌だ」と哀しそうな声で言っていました。

お兄ちゃんは「ごめんね。嫌なことして。でも、オシメを換えさせてね」
と、テキパキとオシメ交換。

いくつになっても、恥ずかしいでしょうね・・・

おばあちゃんの哀しそうな声が切なかったです。

それに、どのおばあちゃんにもお見舞いの方はあまり来られていないようです。

私は毎日母に会いに行ってるけど、毎日見舞いに行く人は少ないんですね。

何だか、切なくなる毎日です。
nice!(5)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

折り紙教室^^ [雑記]

実家の母の脳梗塞の起きた場所が記憶する分野だそうで、

母曰く、「考え事が出来ない。頭が馬鹿になっちゃった」

それで、言語のリハビリと記憶のリハビリをしているようですが、
なかなか新しいことを覚えられないようです。

1週間ほど前に右手の三角巾をはずせて、最近は自力で腕を上に上げる練習をしているので、やっと両手が使える感じになってきました。

それで、リハビリにもなるし・・・と思って、最近病室で折り紙を教えています。

この記事でも以前紹介した鬼、そして3月の箸袋に貼るお雛様

伯父夫婦も折り紙好きなので、私と病室で会うと、「桔梗ちゃん、折り方教えて^^」ということになります。

鬼の方が難しいようで、何回も何回も丁寧に、子供に教えるように教えているのですが、それでもなかなか一人で折れません。

それでも、一生懸命に折っている母を見ていると、可愛らしくてしかたがありません。

「もう1回教えて」と言われ、毎日30~40分は折り紙タイム。

「お母さん、歩行訓練もしようよ。折り紙ばっかりしてないで」と、熱中する母を連れて廊下を3周くらい歩いて、最後にトイレに連れて行ってお見舞い終わり。

毎日こんな感じですが、私が帰った後も、また折り紙に没頭しているようで、母のベッドの横のテーブルには、鬼とお雛様の山が出来てます^^

母の.jpg
nice!(4)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

冬来たりなば春遠からじ [雑記]


実家の母(去年の11月14日に脳梗塞で入院、12月8日に脳神経外科のリハビリ病棟に転院)

実は・・・6日にリハビリ中に転倒し、右肩を骨折。(入院していた病院に整形外科がないので、また転院)

13日に7時間半の手術を受け、15日からリハビリ再開。

でも、右肩は3週間は安静に・・・ということで、
理学療法士の先生がそっと動かして右肩が固まらないようにするだけ。

自分では動かしてはいけないのです。

それでも術後の経過はよく、母もリハビリに積極的なので、
先生から「頑張り屋さんですね^^」とお褒めの言葉を頂いてます。

毎日、11時半頃に、母の実家の伯父夫婦が見舞いに行ってくれて、
お昼ご飯をたべさせてくれたり、廊下を一緒に歩いてくれたり、
洗濯物を持って行ってくれたり・・・

とにかく、ものすごく献身的にして下さってて、本当に有難いと心から感謝しています。

伯父夫婦は、母の手術の前日、私の家に来てくれて、義父母に挨拶してくれました。

桔梗には一番苦労を掛けている
桔梗の家族にも迷惑を掛けている
本当に申し訳ない

と言って、二人で頭を下げてくれました。

涙が出ました。


実家の母のことで、毎日家を空ける(見舞いに行く)

そういうことは、この家にとって、本当は迷惑なことなんだ
実家の親に会いに行くのも、気兼ねをしながらなんだ

ということを、伯父夫婦はちゃんと分かってくれてて


有難くて、涙が出ました。


冬来たりなば、春遠からじ


母も少しずつ回復してくれてます。
元気になってくれてます。

もうすぐ、また春がやってくるでしょう。

母と一緒に頑張ります。
nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

じい様の力作 [雑記]

毎年、じい様がしめ縄としめ飾りを作っています。

材料はほとんど自前

稲刈りの時に、もみのついた稲株を一株よけて、キレイな藁を何束かよけて・・・

で、庭に植えてある、ゆずり葉、橙の代わりに夏みかん^^

一応スーパーからは飾り付けのセットは買ってくるけど、294円でした^^

昨日は、飾りつけの紙を切るのに大騒ぎ★

毎年、毎年、必ず大騒ぎになるので、「2,3年分一緒に作れば?」と言ってたら、珍しく今年は来年の分もついでに作ってました。

「桔梗ちゃ~ん、桔梗ちゃ~ん」と何度も呼ぶので、

「は~い」の返事が段々・・・

「あ~~ん?またぁ?(--#)」という返事に変わりましたが★

で、今日は材料が全部揃ったので、仕上げを手伝いました。

で、もう飾ってしまいました。

あ~、お正月だわ

掃除も終わってないのに★

Image153.jpgImage154.jpgImage155.jpg
nice!(6)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

海人くんの番組 [雑記]

お友達の東海瑞穂さんからメールが届きました。

たくさんの方に見ていただきたいので、そのままご紹介します。

暮れの忙しい時期ですが、よかったらご覧下さい。

心に元気がもらえる番組だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桔梗さま

mizuhoこと、東海瑞穂です。 

ご無沙汰しています。
またまた、お知らせさせてください。

今度、加賀市に住む重度の障害のある15才の少年、
海人君の番組が全国放送されます。

私が制作し、MROで5月に1時間で放映した
番組「友との出会いは生きる証し」をもとに
今の海人君や仲間たちを
追加取材し、まとめる予定です。

やんちゃな中学生たちの純粋な気持ちと、
海人君の存在感が繋がりあってる様子が
今度は、きちんと描けたらと考えてます。

わたしは、この中学校の取材で、
ああ、学校って素敵だな、
先生ってすごいなって思いました。
共に大変な時期を乗り越えようと
がんばってるのをすごく感じました。

TBS系列で、12月27日(土)
午後5時から二時間スペシャルで放送です。
海人君のパートは、たぶん5時半くらいの予定です。
「ともに生きる~海人君・15才~」

お時間あれば、ぜひ、ご覧頂きたいと思います。
たくさんの方にお知らせいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

「報道特集NEXT」ホームページより
http://www.tbs.co.jp/houtoku/
「報道特集NEXT」は、今年最後の放送日となる12月27日、
“いのち”と題して特別番組を放送する。
いつもより30分多い午後5時からの2時間弱に渡って、
“いのち”にまつわるいくつかの物語を放送する。
問いかけるのは「いのちの意味」。

東海瑞穂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よろしくお願いします^^
nice!(4)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

退院は来年? [雑記]

今日のお昼、妹と一緒に、母の主治医の先生の話を聞きました。

「15日に患者さんの様子を報告する会議があって、今、お母さんはこういう状態で・・・」

という説明を聞き、

「もう少しリハビリを続けた方がもっと良くなりますし、今退院されると、回復期リハビリ病院に再入院というのは難しくなりますよ」

と言われました。

とりあえず、年末年始は一時帰宅。

その後、また入院して、リハビリを続けることにしました。

妹が「お母さん、年内に退院するって思ってたから、またガックリするんじゃないの?」と心配そう。

「わかったよ。姉ちゃんがちゃんと言って聞かすから、あんたは懇談会に行っておいで^^」

と妹と別れ、母の待つ病室へ。

「お母さん、先生が『いいですよ』って言われないうちの退院は、やっぱり不安だしね。だから、試しに、年末年始はK(妹)のところで様子をみて、またその後入院して、リハビリしてもらうことになったからね。せっかくこれだけ良くなったんだし、もう少し頑張れば、歩行のふらつきも無くなるし、お風呂も介助がつかなくても入れるようになるって言われたからね」

と言うと、

「はい、わかりました」と神妙な顔で答えました。

同室の方々も、「そうよ。もう少し一緒にいましょうよ。一緒にリハビリ頑張りましょうよ。あなたが退院したら、寂しくなるから^^」と優しい言葉。

母は良い方たちと同室になれてよかったです。

そういう訳で、年内の退院は見送りになりました。

入院して、まだ1ヶ月と少し。
ここで焦って、取り返しのつかないことになっても大変ですし、
もうしばらく、母には病院で頑張ってもらいたいと思います。

それでも、年末年始の一時退院は、ずいぶんと励みになるようで、母の表情が少し明るくなったので、嬉しかったです。

病院の玄関・ロビーImage140(2).jpgImage139(2).jpgImage138(2).jpg
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

無事、転院できました^^(BlogPet)

桔梗の「無事、転院できました^^」のまねしてかいてみるね

昨日の午前中、私と嬉しくなりましたんだ・・・・と腕を取りになった^^

*このエントリは、ブログペットの「ぎんちゃん」が書きました。
nice!(2)  コメント(3) 

無事、転院できました^^ [雑記]

昨日の午前中、母を転院させました。

9時20分頃、病室に迎えに行くと、母の実家の伯母が来ていました。

荷物もまとめた後だったので、早速看護士さんに連絡すると、病室で待て、とのこと。

しばらく待っていると、精算書、薬、案内状などを持って来てくれました。

車椅子にも乗らず、私と腕を組みながら、ゆっくりエレベーターへ。

会計で精算を済ませ、駐車場に車を取りに行き、再びロビーにいる母と腕を組みながら車まで。

こんなに上手に歩けるようになったんだ・・・と嬉しくなりました。

転院先の病院は、一ヶ月程前に、新しく立て替えられた病院で、まるでホテルのようでした。

入院手続きを済ませ、早速3階の病室へ、また腕を組みながら、エレベーターに乗り、部屋まで歩いて行きました。

大部屋が空いたと言われて転院したのに、連れて行かれた部屋は個室。


えっ!?@@


と、びっくりしましたが、大部屋が空いたら移動するそうで、それまでの差額は要らないとのこと。

ラッキー♪^^


荷物を片付けていると、新しい主治医の先生が来られ、母の病状をチェック。

「これだけ自分で出来るのなら、しばらくの入院でよさそうですね。入院期間のご希望はありますか?」

と言われ、すぐに、

「出来れば、年内に退院させたいです」


と答えると、


「そうですね。では、そうなるように頑張りましょうね」

との、嬉しいお言葉。

俄然、母は元気な顔になりました。


いつ退院できるか不安だったのに、目標が出来ました。


明日からリハビリが始まります。

無視し過ぎて転んだりしないように気をつけて、リハビリに頑張って欲しいと思います。

今日の天気のように、久しぶりに晴れやかな気持ちになれました。


いろいろとご心配いただき、ありがとうございます。


母は頑張り屋のようです。私が頑張り屋なのは、母譲りなのかも・・・とちょっと思いました^^
nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

第14回 いのちの講演会(BlogPet)

桔梗の「第14回 いのちの講演会」のまねしてかいてみるね

昨日は、早目までのビデオが波紋の血流の子どもたちも講演の駆け込み寺「あなたには子供を育てる権利はありません」と名づけられたテープを描きながら世の中に400人ほど参加した以上はお母さん方をしてしまった子のだなぁ・という募金活動のお話の1円の募金活動の呼び方と悩むお母さん方と家裁が親権剥奪をしたテープを支援しましたときになりませんだなぁ・・・・・と思いながら世の中に広まって、しばらくで泣き止み、講演のお金で、すやすやと思いましたそうだと思ったそうである、そして小さなきっかけを頼まれた?
石川県で親子の名づけ親の男の子を録音しましたところ、福井で一番小さい単位の応援で「人間は誰でも一筋の光を神や仏から頂いて生まれてきます。子育ては拝育です。いろんなことを頂きながら、拝むように育てることが、子育てなんです。それなのに、親は何が不服なのでしょう。何が不足していると言うのでしょう。その子が持っている光をどうして見つけてやれないのでしょう。どうして、手錠を掛けられたり、腰に縄を掛けられるような子供にしてしまうのでしょう」と訴えられないと思いを起したそうで一番小さいいのちの会場に400人ほど参加しましたテープを利用した。
そういう親でも産めない話ですが親権剥奪を頼まれても、先日1くち1くち1歳に、福井でも産めない話ですが集めることでは「人間は誰でも一筋の光を神や仏から頂いて生まれてきます。子育ては拝育です。いろんなことを頂きながら、拝むように育てることが、子育てなんです。それなのに、親は何が不服なのでしょう。何が不足していると言うのでしょう。その子が持っている光をどうして見つけてやれないのでしょう。どうして、手錠を掛けられたり、腰に縄を掛けられるような子供にしてしまうのでしょう」と思ったところ、お金の入力を開設されてしまった子の中、すやすやと名づけられました「円基金」という募金活動の会場になったそうです。

*このエントリは、ブログペットの「ぎんちゃん」が書きました。
nice!(2)  コメント(1) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。